文字の大きさ 大きく 標準 小さく  色 標準 黒色 青色 黄色

自動車運転代行業の認定申請

共通情報

手続情報

この手続に関する事項

業務名 自動車運転代行業を営もうとする場合の認定申請
手続対象者 個人及び法人
自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律第3条各号のいずれかに該当する方は、自動車運転代行業を営むことができません。詳しくは担当者にお尋ねください。
手続の説明 自動車運転代行業を営もうとする方は、主たる営業所の所在地を管轄する公安委員会の認定を受けなければなりません。
 自動車運転代行業とは、他人に代わって自動車を運転する役務を提供する営業で、
   〇 主として、夜間において客に飲食をさせる営業を営む者から酒類の提供を受けて酒気を帯びた状態にある者(以下「酔客」といいます。)に代わって自動車を運転する役務を提供するものであること。
   〇 酔客その他の当該役務の提供を受ける者を乗車させるものであること。
   〇 常態として、当該自動車に当該営業の用に供する自動車が随伴するものであること。
のいずれにも該当するものをいいます。
 なお、添付書類等について不明な点があれば、担当者にお尋ねください。
 標準処理期間45日
根拠規定 自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律第4条
受付期間 平日8:30〜17:15
手数料 12,000円
添付書類 ●個人の場合
○ 住民票の写し(本籍、外国人は国籍等の記載があるもの)
○ 法第3条第5号に該当しない者であることを誓約する書面
○ 精神機能の障害に関する医師の診断書(法第3条第5号に該当しない者であることが明らかであるかどうかの別を記載したものに限る。)
○ 損害賠償責任保険契約又は損害賠償責任共済契約の締結を証する書類の写し(代行運転自動車及び随伴用自動車の双方の保険証書等の写し)
○ 安全運転管理者及び副安全運転管理者に関する書類
【共通して必要なもの】
 ・ 申請日前3ヵ月以内に発行された住民票の写し
 ・ 申請日前3ヵ月以内に発行された過去2年間の記録に係る運転記録証明書
【安全運転管理者に必要なもの】
 ・ 自動車の運転の管理に関し2年以上実務の経験を有する人は、そのことを証明するもの
 ・ 公安委員会が行う教習を修了した人は、その修了証書の写しと自動車の運転の管理に関し1年以上実務の経験を有することを証明するもの
 ・ 自動車の運転の管理に関し、上記の人と同等以上の能力を有すると公安委員会が認定した人は、その資格認定書の写し
【副安全運転管理者に必要なもの】
 ・ 自動車の運転の管理に関し1年以上実務の経験を有する人は、そのことを証明するもの
 ・ 自動車の運転経験期間が3年以上の人は、そのことを証明するもの又は運転免許証の写し
 ・ 自動車の運転の管理に関し、上記の人と同等以上の能力を有すると公安委員会が認定した人は、その資格認定書の写し

 詳しくは、下記、「関連リンク」を参照してください。
書面申請における提出方法 主たる営業所の所在地を管轄する警察署の受付窓口へ持参してください。
書面申請における提出部数 1部
関連リンク 自動車運転代行業の認定について
受付窓口・問い合わせ先 桑名警察署交通第1課  (0594-24-0110)
いなべ警察署交通課  (0594-84-0110)
四日市北警察署交通課  (059-366-0110)
四日市南警察署交通第1課  (059-355-0110)
四日市西警察署交通課  (059-394-0110)
亀山警察署交通課  (0595-82-0110)
鈴鹿警察署交通第1課  (059-380-0110)
津警察署交通第1課  (059-213-0110)
津南警察署交通課  (059-254-0110)
松阪警察署交通第1課  (0598-53-0110)
大台警察署交通課  (0598-84-0110)
伊勢警察署交通第1課  (0596-20-0110)
鳥羽警察署交通課  (0599-25-0110)
尾鷲警察署交通課  (0597-25-0110)
熊野警察署交通課  (0597-88-0110)
紀宝警察署交通課  (0735-33-0110)
伊賀警察署交通課  (0595-21-0110)
名張警察署交通課  (0595-62-0110)

この手続に必要な関連ファイルはこちら