文字の大きさ 大きく 標準 小さく  色 標準 黒色 青色 黄色

薬局開設許可申請

共通情報

手続情報

この手続に関する事項

業務名 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律関連業務
手続対象者 【法人・個人の別】
個人及び法人・団体
【住所要件】

【資格等】
手続の説明 薬局を開設するときに行う手続きです。

※留意事項
1.管理医療機器の販売を併せて行う場合には、「兼営業務の種類」の欄に「管理医療機器販売業」を記載してください。
2.薬局開設までに、医薬品の安全使用並びに調剤された薬剤及び医薬品の情報提供のための業務に関する指針、従事者研修実施の計画表、手順書等の作成が必要です。
根拠規定 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律4条、第5条、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行令第49条、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則第1条
薬局等構造設備規則第1条、体制省令第2条
受付期間 常時
手数料 29,000 円
添付書類 1.平面図
2.薬局等の管理者等に係る事項
3.薬局の構造設備の概要
4.業務体制の概要
5.(該当者のみ)特定販売の概要
6.(該当者のみ)無菌調剤室の概要等
7.(法人の場合)登記事項証明書
8.申請者の診断書(欠格条項に該当するおそれがある場合にのみ)
9.(該当者のみ)雇用証明書(管理者)
10.(該当者のみ)雇用証明書(その他の資格者)
11.(該当者のみ)放射性医薬品の種類及び必要な設備の概要
12.(該当者のみ)管理者が再教育研修命令を受けた薬剤師の場合は、再教育13.研修終了登録証の写し(登録証提示により省略可)

*確認事項
資格を証する書類(薬剤師免許証、販売従事登録証)の原本を確認します。
添付書類における注意事項 薬事に関する業務に責任を有する役員について、診断書及び疎明書の添付は、原則不要となります。(欠格条項に該当するおそれがある場合にのみ診断書の添付が必要)
また、組織規定図又は業務分掌表の添付も不要です。
書面申請における提出方法 受付窓口へ持参してください。
書面申請における提出部数 申請書、添付書類とも各1部
関連リンク お問い合わせ先(管轄別)
受付窓口・問い合わせ先 桑名保健所保健衛生室衛生指導課 (0594-24-3623) mail:whoken@pref.mie.lg.jp
鈴鹿保健所保健衛生室衛生指導課 (059-382-8674) mail:zhoken@pref.mie.lg.jp
津保健所保健衛生室衛生指導課 (059-223-5112) mail:thoken@pref.mie.lg.jp
松阪保健所保健衛生室衛生指導課 (0598-50-0529) mail:mhoken@pref.mie.lg.jp
伊勢保健所保健衛生室衛生指導課 (0596-27-5151) mail:nhoken@pref.mie.lg.jp
伊賀保健所保健衛生室衛生指導課 (0595-24-8080) mail:ghoken@pref.mie.lg.jp
尾鷲保健所保健衛生室衛生指導課 (0597-23-3461) mail:ohoken@pref.mie.lg.jp
熊野保健所保健衛生室衛生指導課 (0597-85-2159) mail:khoken@pref.mie.lg.jp
※四日市市内の施設については四日市市保健所(059-352-0592)へお問い合わせください。

この手続に必要な関連ファイルはこちら