文字の大きさ 大きく 標準 小さく  色 標準 黒色 青色 黄色

浄化槽使用休止届出

共通情報

手続情報

この手続に関する事項

業務名 浄化槽使用休止届出
手続対象者 浄化槽管理者
手続の説明 浄化槽の使用を休止したときは、休止の基準で清掃のうえ、使用の休止を届け出ることができます。
休止の届出をした浄化槽は、保守点検・清掃・法定検査の義務が免除されます。
根拠規定 浄化槽法第11条の2第1項
受付期間 随時
手数料 なし
添付書類 清掃の記録を添付ください。
清掃にあたっては、使用休止の清掃の技術上の基準を満たす必要があります。
備考 【使用休止の清掃の技術上の基準】
1.汚泥、スカム、中間水等の引き出しは、処理方式や単位装置にかかわらず全量とすること(施行規則第3条第6号)
2.引き出しの後、単位装置及び付属機器類の洗浄、掃除等を行うこと(施行規則第3条第7号)
3.槽内の洗浄に使用した水は引き出し、張り水として再使用しないこと(施行規則第3条第11号及び第13号)
4.水道水等で高水位まで水を張ること(施行規則第3条第15号の正常な機能を維持するまでの必要な措置として実施)
書面申請における提出方法 窓口へ持参または郵送してください。
書面申請における提出部数 1部
関連リンク 担当行政窓口
浄化槽法について(様式ダウンロード)
受付窓口・問い合わせ先 四日市市及び大紀町は、それぞれの浄化槽行政担当課。
それ以外の市町は、各地域防災総合事務所又は各地域活性化局。